魔王ですが起床したら城が消えていました。 (外部サイトで読む

みなかみしょう

※アース・スターノベル様から書籍化されております。

『北の魔王』。彼は500年もの間、北の地にて魔族を束ねている強大な存在である。

その魔王が朝目覚めたら、城も配下も全て消失していた。
残ったのはパジャマ姿の自分の身一つと、巨大なクレーターのみ。

どうやら、彼は魔王をリストラされたらしい。

自分の配下。500年という時間の中で家族とも言える配下たちはどこに行ったのか。
あと一応、なんでリストラされたのか理由を知りたい。

そんなわけで、500年ぶりに本来の名前である『バーツ』となった彼は旅立ちを決意するのだった。
さしあたって、旅に出るための服が必要だ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    配下
    魔王
    クレーター
    身一つ
    バーツ
    魔族
    アース・スターノベル様
    旅立ち
    配下たち
    パジャマ姿
    書籍化
    本来
    自分
    理由
    全て
    家族
    500年ぶり

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち