異世界宿屋の住み込み従業員 (外部サイトで読む

熊ごろう

真夏の昼下がり歩道を歩いていた「加賀」と「八木」、気が付くと二人、見知らぬ空間にいた。

そこに居たのは神を名乗る一組の男女。
そこで告げられたのは現実世界での死であった。普通であればそのまま消える運命の二人だが、もう一度人生をやり直す事を報酬に、異世界へと行きそこで自らの持つ技術広めることに。

「転生先に危険な生き物はいないからー」そう聞かせれていたが……転生し森の中を歩いていると巨大な猪と即エンカウント!? 助けてくれたのは通りすがりの宿の主人。
二人はそのまま流れで宿の主人のお世話になる事に……これは宿屋「兎の宿」を中心に人々の日常を描いた物語。になる予定です。

【小説家になろう】様で投稿してましたが3月24日よりツギクル様でも投稿を開始しました。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ツギクル
    住み込み従業員
    異世界宿屋
    ツギクル様
    昼下がり歩道
    通りすがり
    エンカウント
    主人
    小説家
    二人
    からー
    技術広めること
    八木
    加賀
    生き物
    転生先
    報酬
    真夏
    運命
    現実世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち