松野栄司

 桜の季節に出逢った二人の流転者。
 男は野良犬の様に、暴力の世界に生きた。
 女は音楽業界で頂点から転落して、地の底で藻掻(もが)いた。
 二人が惹き逢わされる様にして、恋に墜ちるのは必定だったのかも知れない。

 魂の底から沸き起こる感情を、此処に塗り込みました。
 俺の全てを、此の作品に籠めます。

 2017.05.30 執筆開始

 ――男が女に惚れると謂う事は、護ると謂う事だ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    野良犬
    流転者
    執筆開始
    頂点
    二人
    此処
    暴力
    音楽業界
    感情
    卒業
    季節
    作品
    全て
    世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち