周りの人が青春を謳歌しているからといって羨ましくなんて無い! (外部サイトで読む

瑞永

高校二年生の勝山浩介は、特に青春らしいことをすることもなく、日々を過ごしてきた。
しかし、とある女子に話しかけられ、運命の歯車が動き出す!

これは、3次元から2次元に逃げた男の青春物語です!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    勝山浩介
    青春
    高校二年生
    歯車
    運命
    女子
    周り
    日々
    2次元
    3次元

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

https://mypage.syosetu.com/1291818/