奈苗の名が神話になるまでのお話 (外部サイトで読む

御草

時は1985年、人はバスに乗り、魔術師は箒で空を飛ぶ時代。
魔法を使う才能がある生徒の為の学校に通う、高校二年生の稲月 奈苗(いなづき ななえ)は、一人、人気のない所に来ていた。
誰もいない所で女神イナンナと名乗る声と会話をする奈苗は、その声が本物の神である事、そして、奈苗自身に降臨した事を知らされる。
降臨した経緯を思い出せない奈苗に、神が見せた前日の記憶には、日々の光景と共に日常にはありえない魔法と銃の戦いがあった。
落ちこぼれ女子高生だった奈苗は、この出会いによって、非日常の事件に巻き込まれていく。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    奈苗
    女神イナンナ
    落ちこぼれ女子高生
    稲月
    いなづき
    奈苗自身
    魔術師
    魔法
    高校二年生
    なえ
    神話
    経緯
    才能
    出会い
    非日常
    光景
    本物
    戦い
    生徒

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち