異世界の人類を滅ぼす方法を答えよ(配点100) (外部サイトで読む

忠臣蔵

 小学校教諭の大春二三はブラック労働に倦み果てたあげく、眠っているあいだに夢でオオカミに殺され魔界へ。未来の魔王様の宮廷教師として魔界の人類を滅ぼす方法を教えることに。
 もちろん教えるわけにはいかないし教える能力もないが、そんなことはつゆとも知らず、教え子は日夜嬉々として殲滅プランを提案し意見を求めてくる。
 ところで研究には実験がつきものなので、宮廷教師兼奴隷として何度死んでも殺されてもその場で生き返る能力を授けてもらい、教わった方法で本当に人間が死ぬかの実験台としても頑張る毎日。
「明日もよろしく頼むぞ、センセイ」
「断っても」
「断ったら殺せと母上が仰せになった。殺していいか?」
 ――これは、マッドな魔族どもの魔の手から同胞たちを救うため、ブラック労働から解脱したポンコツ教師が奮闘するオハナシ。
※わりとグロい
※主人公が死んで死んで死にまくる
※作者が人外好きなので人外ばっか出てくる
※感想その他投げていただけますと泣いて喜びますどうぞよろしく

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    宮廷教師
    大春二三
    人外
    ブラック労働
    魔界
    オハナシ
    センセイ
    宮廷教師兼奴隷
    魔の手
    ポンコツ教師
    実験台
    つきもの
    人類
    魔族ども
    オオカミ
    殲滅プラン
    異世界
    配点
    マッド
    教え子

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち