魔晶戦姫 神城セツナ (外部サイトで読む

黒黒

――神城セツナは、ごく普通の日本の小学六年生である。
少し珍しい事と言えば、英国人と日本人のクォーターなことぐらい。

そんなセツナは小学生最後の夏休みを利用して英国に居る祖父母の家に遊びに行くことに。
遊びに来て数日経った夜、セツナは屋根裏部屋で綺麗なクリスタルを見つけるが、直後に謎の怪物に襲われ、クリスタルもばらばらになってしまう。
目覚めたセツナに、クリスタルの管理者にして黒猫のマギは、セツナにクリスタルの欠片収集を依頼する。
最初は断るセツナだったが、欠片の暴走により、家族や一般人が犠牲になるのを目の当たりにし、事態を解決することを決意する。
しかし、クリスタルの力を狙う魔術師たちの参戦も危ぶまれる中、さらに異世界人と名乗る謎の男たちの介入で国際企業、果ては英国王室までもが関わってくる。
謎の怪物の存在もある中、セツナはクリスタルの欠片を集め、修復する事ができるのか。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    神城セツナ
    欠片
    魔晶戦姫
    怪物
    クォーター
    目の当たり
    英国人
    英国王室
    欠片収集
    祖父母
    一般人
    魔術師たち
    屋根裏部屋
    介入
    マギ
    黒猫
    異世界人
    遊び
    果て

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち