春野弥生の人魚石 (外部サイトで読む

星原ルナ

夏休みに入ってから春野弥生は、三百年前に存在していたという、人魚の国が滅びるまでの夢を度々見るように。どうしてそんな夢を見るのか分からないまま、日々を過ごしていた。
ある日、弥生は小学生の頃に自身をいじめた元同級生と、思わぬ再会を果たしてしまう。元同級生との再会をきっかけとして、弥生に眠っていた力と記憶が、少しずつ目覚めていく。
けれども、それはのちに起きる、運命の布石にしか過ぎなかった。
人魚と宝玉が紡ぐ、春野弥生シリーズ第一弾!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    春野弥生
    人魚
    元同級生
    再会
    宝玉
    布石
    人魚石
    きっかけ
    のち
    夏休み
    小学生
    運命
    自身
    記憶
    日々
    三百年前

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち