神の徒事 (外部サイトで読む

葦元狐雪

日本は頽廃した。日がな一日酒を飲み、遊んで暮らす人間ばかり。そんな日本の或る場所で、トラックの運転手の荒木鴇は真面目に勤務中であった。信号が青に変わり、アクセルを踏んだ時、ひとりの若者が彼の前に躍り出た。瞬間、荒木鴇の人生はあらぬ方向へと進み始める......

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    荒木鴇
    徒事
    日がな一日酒
    アクセル
    トラック
    運転手
    信号
    若者
    日本
    ひとり
    方向
    勤務中
    瞬間
    人生
    人間
    場所

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち