モブキャラだと思った?残念、主人公でした! (外部サイトで読む

長見雄一

魔王を倒した召喚されし勇者、そして英雄達が世界に敵対をし、国崩しと呼ばれる侵略行為を始めて十年。

次の標的とされたエステリーゼ王国騎士団の召喚師であるサクヤは、勇者と世界に敵対した英雄ストレンジアに対抗するために、突如現れた異世界の遺跡の調査に訪れる。

しかし、突如として召喚されたストレンジアにより、護衛であった冒険者は全滅。サクヤ自身も奴隷として捕縛されてしまいそうになる。

絶体絶命となったサクヤであったが、かすれる意識の中で求めた助けに答えるように、一人のナイトがサクヤを救う。

「モブキャラだと思った? 残念、主人公でした!」

自らを至高の騎士ナイト=サンと名乗る彼は、ストレンジアを一撃で粉砕……その後なぜかサクヤに忠誠を誓い半ば強引に従者となる。

伝説の邪竜を素手で殴り飛ばしたり、台所で料理感覚でエリクサー作ったり。
何をするのも規格外で空気の読めないナイト=サンは、人々の常識をぶち破りつつ。
ストレンジアと戦う力を与えていく。

チートでも、神の力でもない。この世界の主人公として、自分達の力で歩めるように。

そんな彼を従えるサクヤは、当然ストレンジアと人間との戦いの中心に―――主にナイト=サンが原因で―――巻き込まれていくのだが……。
      
これは、ナイト=サンの物語でも、異邦人の物語でもない。

これは、至高の騎士と人間が、自分たちの物語を取り戻す物語である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ストレンジア
    サクヤ
    英雄ストレンジア
    ナイト
    モブキャラ
    国崩し
    エリクサー
    主人公
    至高
    サン
    エステリーゼ王国騎士団
    勇者
    物語
    異邦人
    規格外
    冒険者
    サクヤ自身
    異世界
    チート
    従者

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち