帝国の守護者〜禁忌の子供と業火の宿命 (外部サイトで読む

ピロシ

【近未来SFダークファンタジー】

 第二次世界大戦の終結から約100年が経過。超科学大国である東亜帝国は、東アジアに存在する先進国。

 幼少の頃から、児童自立支援施設で育った雄一は、孤独を胸に抱える遺伝子生物学者だ。

 偶然にも失踪した父親と同じ道を志し、研究に励む彼の前に現れたのは、政府の役人を名乗る背広の男。

 雄一は、男から持ちかけられたある依頼を承諾し、『アスカ』と名乗る護衛を紹介される。だが、彼女は護衛なのに、見た目がただの女の子。

 出会った日から様々な災難に巻き込まれる雄一たち。彼は、葛藤や衝動を繰り返しながらも、やがて立ちはだかる巨大な陰謀の前に、仲間とともに『護るため』の戦いを決意するのだった。

 決して交わることのなかった二人。

 これは、そんな二人が出会ってからの10日間の戦いの物語。

 戦いの先に彼らが見たものとは…

バトルに超能力に、ロボット、機関銃とうごめく陰謀にハラハラしてください。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    雄一
    近未来SFダークファンタジー
    陰謀
    戦い
    遺伝子生物学者
    機関銃
    東亜帝国
    業火
    守護者〜禁忌
    超能力
    児童自立支援施設
    背広
    アスカ
    先進国
    ロボット
    護衛
    超科学大国
    終結
    雄一たち
    役人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

ジャンル:近未来SFダークファンタジー

超科学立国になった東亜帝国を舞台に、科学と超能力という相反する存在に翻弄されながらも、生きるために戦う主人公たちや『帝国の守護者』と呼ばれる少年少女たちの過酷な10日間の戦いを描いた作品です。

小説家になろう
SF(空想科学)カテゴリー
日刊・週間ランキング1位
レビュー数1位

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2018/02/03 19:10:11

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は554aiと判定されました。
ファンタジー作品の中でも珍しい設定がたくさんありますね。
テンポが良い作品ですね。
全体の印象からすると、ミステリーの要素も多くみられますので、登録ジャンルを変更してみても良いかもしれません。
とても自然な文章で書かれていて、つまるところもなくスムーズに読み進めることができますね。
あとは分析結果の「文章の傾向」を参考に調整をしてみると、より良くなると思います。

楽しい仕掛けたっぷりの作品で、大満足でした。
各種分析結果や類似作品も是非ご覧ください。これからもツギクルをよろしくお願いします!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      13文字

      ちょうどいいね

    • 平均句読点間隔

      13文字

      ちょうどいいね

    • 改行までの文字数

      14文字

      ちょうどいいね

    • 名詞の出現率

      23.00

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      12.00

      ちょうどいいね

    • 接続詞の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      42.00

      ひらがながちょっと少ないかな

    • 特殊語の出現率

      16.00

      ちょうどいいね

    • 地の文とセリフの割合

      8:2

      ちょうどいいね

    • 空行率

      52.00

      空行が多いかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      74

      表現力が豊かだね

    • 単語の重複率

      34.00

      多くの単語を使っているね