スケルトンは月を見た (外部サイトで読む

アルファル

アンデッド族の中でも、最弱のモンスターと言われている「スケルトン」
何も考えることのないモンスターである彼は、何気なく、毎日のように洞窟の中から月を見上げていた。
ある日、いつものように月を見上げていると、彼は一言声を漏らした。

『 …… 』

彼は、その日から考えることを覚え、喋り、自分の考えに従って生きるようになる

これは、既に終わりの決まった骸骨と、その周りの人々の物語


最弱モンスターのスケルトンが、強くなりながら美しいものや、人間と触れ合い、絶景スポットを巡るというお話です


※人外※モンスター

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    スケルトン
    モンスター
    最弱モンスター
    絶景スポット
    アンデッド族
    人外
    骸骨
    洞窟
    美しいもの
    一言声
    人々
    物語
    周り
    人間
    考え
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

小説家になろうにて連載しております!
毎日更新です!

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2018/01/31 17:10:06

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は583aiと判定されました。
ファンタジー作品の中でも珍しい設定がたくさんありますね。
文章のバランスが良く、読みやすいと感じました。

文章のバランスは良好です。
あとは分析結果の「文章の構造」を参考に、見直しをしてみてはいかがでしょうか。

読んでいてどんどん話に入り込んでいける作品でした。
各種分析結果や類似作品も是非ご覧ください。これからもツギクルをよろしくお願いします!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      13文字

      ちょうどいいね

    • 平均句読点間隔

      11文字

      句読点の間隔が少し短いかな

    • 改行までの文字数

      12文字

      ちょうどいいね

    • 名詞の出現率

      20.00

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      12.00

      動詞がちょっと多いかな

    • 接続詞の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.0000

      少し能動的かな

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      45.00

      ちょうどいいね

    • 特殊語の出現率

      13.00

      記号などが少ないかな

    • 地の文とセリフの割合

      9:1

      セリフがちょっと少ないかな

    • 空行率

      37.00

      ちょうどいいね

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      65

      もう少し表現力がほしいかな

    • 単語の重複率

      38.00

      かなり多くの単語 を使っているね