まやかしの月

雪花伽

「兄さんには近付かないで。彼は生まれつき、心がない人間だわ」――平凡な高校生、梓川律人は、屋上のアトリエで絵を描く美貌の少女、ロキを気にかけるようになる。彼女の兄を名乗る教育実習生が現れるが、彼は嵐の夜に死んだはずだった。存在しない少女の飛び降り自殺。天才芸術家にまつわるゴシップ。律人は謎を追うが、彼には病的な物忘れという致命的な欠陥があった。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品を評価した読者がいますよ。
ファンが付いているのかもしれませんね。

クルミちゃん

どんな評価になっているのかな?

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち