貧弱種族の幼馴染がタンクしたいって聞かないから仕方なくヒーラーになったけど楽しいかもしれない (外部サイトで読む

七つ目の子

 どうしてもタンクになりたいというエルフの幼馴染の為、ヒーラーの道へと進んだ主人公アレン。
貧弱種族でも健気に頑張る幼馴染を回復している内、次第にサディスティックな感情が芽生え始める。

「ヒーラーは癒すのが仕事? いいえ、死ぬまで仲間を戦わせるのが仕事です」

 そんな一つの真理に気付いたアレンと、いつもぼこぼこにされながらも必死に頑張る貧弱エルフタンク、エレッタの冒険譚。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ヒーラー
    エレッタ
    幼馴染
    貧弱種族
    貧弱エルフタンク
    主人公アレン
    冒険譚
    真理
    感情
    仲間
    一つ
    仕事

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち