魔法少女ですが、世界を滅ぼしても幸せになっても良いですか? (外部サイトで読む

十一屋 翠

人に仇為す存在ペルヴと戦う存在『魔法少女』となった少女達。
彼女達はペルヴを倒す事で願いを叶えてもらう権利をえる。
ある者はお風呂の為、またある者は自分を磨く為。またある者はただ戦う為に。
けれど魔法少女が願いをかなえ続ければ、いずれ世界は破滅してしまう。
けれど彼女達は気にせず願いを叶え続ける。
「だって命がけで戦うんだから、ご褒美がないとね」
これは世界の平和とは真逆の、人間の平和と自分の願いの為だけに闘う少女達の物語である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    仇為す存在ペルヴ
    魔法少女
    願い
    命がけ
    少女達
    彼女達
    世界
    真逆
    ご褒美
    権利
    お風呂
    自分
    人間

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち