記憶を取り戻したアラフォー賢者は三度目の人生を生きていく (外部サイトで読む

かたなかじ

 四十歳手前の冴えない武器屋ダンテ
 彼は亡くなった両親の武器屋を継いで今日も仕入れにやってきていた
 その帰りに山道を馬車ごと転げ落ちてしまう。更に運の悪いことにそこを山賊に襲われた

 だがその落下の衝撃でダンテは記憶を取り戻す
 自分が勇者の仲間であり、賢者として多くの魔の力を行使していたことを
 そして、本来の名前が地球育ちの優吾であることを

 記憶と共に力を取り戻した優吾は、その圧倒的な力で山賊を討伐する

 武器屋としての自分は死んだと考え、賢者として生きていくことを決める優吾
 それは前世の魔王との戦いから三百年が経過した世界だった――

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    優吾
    山賊
    アラフォー賢者
    武器屋ダンテ
    記憶
    馬車ごと
    地球育ち
    前世
    魔王
    仕入れ
    勇者
    山道
    落下
    衝撃
    両親
    戦い
    本来
    四十歳手前
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち