おっさんと女子高生、異世界を行く ~手にした能力は微妙だったけど、組み合わせたら凄いことになった~

青山 有

 おっさんが異世界と元の世界を越えて織りなす、姪と二人三脚での異世界行。
 ◇ ◇ ◇
 勇者として異世界に召喚された主人公たち。
 突然手に入れた能力に歓喜する者がいるかたわら、主人公が手にした能力は何れも上位互換の存在する微妙なものだった。
 他の勇者や召喚した者たちからも下位互換と蔑まれた能力。
 しかし、能力を組み合わせることによって、誰も想像もしなかった異世界の常識を覆す力となる。
 主人公の能力はその一端で異世界と現代を繋いだ。
 異世界で生きていく力を手に入れた以上、勇者なんてやってられない。
 主人公は元の世界に帰るため、最愛の姪のもとに戻るため、王国を飛び出した。
 人助けをしながら、元の世界への帰る方法を探して異世界を西へ東へ。
 異世界と元の世界とで、ときに雑談をし、ときに物資を転送しあいながらの旅物語。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品は読者に評価されています。
評価はこのページで出来ますよ。

クルミちゃん

あなたも読んで評価してみてね!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち