国境線の魔術師 (外部サイトで読む

青山 有

恰好いいオッサンが活躍するお話は如何でしょう?
--+--+--+--+--
第二部『炎の都に集う厄災たち』(2017年12月5日 開始)
第一部「休暇願を出したら、激務の職場へ飛ばされた』(2017年12月15日 発売)
--+--+--+--+--
二年間の休暇願を出した主人公。
だが、特務部隊の切り札を二年間も休ませる余裕など、王国騎士団にはなかった。
返ってきたのは国境騎士団への異動辞令と密命。
『陥穽(かんせい)の魔術師』『善良なる暗殺者』『正義の死神』『勢炎の魔女』『紫電の女神』『復讐者』等々が跳梁跋扈する国境の街(通称『炎の都』)を舞台に、主人公が縦横無尽に駆け巡る。
普通に生活しているだけなのに、気が付けば隣接する他国は国境線を自主的に後退していた。
そんなお話です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    休暇願
    魔術師
    恰好いいオッサン
    かんせい
    復讐者
    国境線
    主人公
    特務部隊
    陥穽
    密命
    暗殺者
    異動辞令
    跳梁
    紫電
    切り札
    国境騎士団
    王国騎士団
    厄災たち
    死神
    激務

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち