見習い悪魔にくちづけを (外部サイトで読む

ちょきんぎょ。

悪魔使い。
それは禁忌とされる悪魔の力を使い、世界から忌み嫌れ、殺されるべく追われる危険なものたちである。

その悪魔使いの中で、天才と呼ばれる少女、クェル・フェル・エル。
そんな彼女が生み出した悪魔に与えられた契約の内容は、『願いをひとつ叶えるたびに、くちづけをひとつ』というもの。

「それじゃ、ちょっとドラゴンとか倒しに行きましょうか」
「くちづけだけで割に合わないと思う時、結構あるんだけど……!?」

世界は残酷で、契約は絶対。
けれど、それが正当かどうかはきっと、ふたりが決めること。
見習い悪魔に、くちづけを。

――――――――――――――――――――

「掴みましたか」

暗く、音のない世界でそんな声が聞こえた。
目覚めた場所はほの暗く、妖しく。
そんな中で、金色の少女はくふふと微笑んで、

「今日からあなたは私の悪魔なので、宜しくお願いしますね♪」
「……はい?」

 彼女は理不尽で、滅茶苦茶で。
 だけど少しだけ優しくて、あたたかなくちづけをくれる、僕の主だった。
 これはたぶん、僕と彼女の繋がりのお話。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    くちづけ
    見習い悪魔
    悪魔使い
    クェル・フェル・エル
    少女
    彼女
    契約
    ひとつ叶えるたび
    禁忌
    ドラゴン
    世界
    繋がり
    金色
    ふたり
    倒し
    天才
    願い
    あなた
    お話

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち