海賊ちゃんの異世界漂流記 (外部サイトで読む

ちょきんぎょ。

七つの海を荒らし回った……かどうかはさておき、屈強な海の男どもを従える海賊の船長である彼は、ある日いわくつきのお宝を手に入れる。

『異界の扉を開く』、などという嘘くさい触れ込みを笑い飛ばし、しかし漂流した先で見たものは、たしかに知らない景色だった。

船を失い、仲間を失い、ひとり異界へと放り出された彼が目指したものは、たったひとつ。

「海賊らしく生きるだけさ」

生きる世界が変わっても、生き方は変えられない。
そう、たとえ性別が変わってしまったとしても。

「……んん?」

――――――――――――――――――

「僕はこの目で見たことしか信じない。宝の呪いなんて、あるわけないだろ」

そんなふうにせせら笑って、いつものようにお宝を略奪した僕だけど、どうやら今回はいつもとちいとばかり違うらしい。
気がつけば船の上ではなく、森の中。装備はあるが、船と手下は消え、おまけに自分の身体も変化した。

目で見たことしか信じない。ならば目の前にあるこの異世界としかいいようのない光景も、また真実なのだろう。
生きる場所が変わったところで、生き方を変えられるほど器用な人間じゃない。
漂流先が孤島だろうと異界だろうと、僕がやることはなんら変わらない。

ただ、己の心に従って生きるだけだ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    海賊
    異界
    異世界漂流記
    生き方
    お宝
    嘘くさい触れ込み
    ひとり異界
    手下
    孤島
    七つ
    呪い
    漂流先
    船長
    ちい
    男ども
    目の前
    光景
    装備
    ひとつ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち