キッス・イン・ザ・ダーク

湊羽流花

白雪椿の日課は、仕事の合間に散歩をすること。

いつもの公園で、いつも座るベンチに見知らぬ青年が座っていた――彼の名は、月守刹那。神の手で作られた精緻な美しい顔立ちと、気怠げなのに冷たい空気を漂わせる、謎めいた青年だった。

椿が話しかけたことで、二人は親密になっていくのだが……。

神の手で作られた美しく残酷な殺し屋 月守刹那と悲しき過去を持つ麗人 白雪椿との危険な恋の物語。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品は読者に評価されています。
評価はこのページで出来ますよ。

クルミちゃん

あなたも読んで評価してみてね!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち