万年Dランクの中年冒険者、酔った勢いで伝説の剣を引っこ抜く (外部サイトで読む

九頭七尾

万年Dランクのしがない中年冒険者ルーカスは、自分よりずっと若いパーティメンバーたちに見下され、扱き使われる毎日を送っていた。
だが「飲まずにやってられっか!」と飲んだくれたある夜のこと、酔った勢いで今まで誰も抜くことができなかった伝説の剣を引き抜いてしまう。
愛と勝利の女神が造ったという神剣の力で、おっさんは(望まぬ)ハーレムを作りながら(望まぬ)英雄の道を駆け上がっていく…!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    中年冒険者ルーカス
    れっか
    ハーレム
    神剣
    伝説
    万年Dランク
    勢い
    若いパーティメンバーたち
    おっさん
    英雄
    女神
    勝利
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち