邪神無双 ~邪神が黒い笑顔で人助けを始めたようです~

九頭七尾

異世界に転生したレイジは、なぜか前世の記憶が曖昧になっていた。
そして天使から衝撃的な事実を告げられる。

「君さ、転生を担当した女神様を殺しちゃったんだよねー」
「はい?」

女神を殺したことで、人間でありながら神の力を得てしまったレイジ(ただし邪神)。
それは信者が増えれば増えるほど強くなるという、まさしく神チートな能力だった。

内心では邪神らしい黒い笑みを浮かべつつも、温厚篤実な善人を演じて仲間や友人たちの好感度(もとい信仰度)を上げていくレイジ。
やがて膨大な量の経験値と熟練値(スキルポイント)が入ってくるようになっていて……。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品は読者に評価されています。
評価はこのページで出来ますよ。

クルミちゃん

あなたも読んで評価してみてね!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち