月下狂人 (外部サイトで読む

クラン

十六歳の夏、僕の同級生が死んだ。
その子の唯一の友人といって良い女子『月岡』は、感情の抜け落ちた無表情で日々を過ごしている。
そんな彼女に近付くのは、コミュニケーション能力の高い女子である『壬生(みぶ)』くらいのものだった。
夏休み前、最後の放課後。僕は壬生が月岡に、花瓶の水をかける場面を目撃する……。

銀紙のような薄っぺらい月の下、思春期の男女が送るひと夏の『変身劇』。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    月岡
    壬生
    月下狂人
    ひと夏
    みぶ
    コミュニケーション能力
    銀紙
    思春期
    放課後
    花瓶
    その子
    変身劇
    同級生
    男女
    高い女子
    唯一
    感情
    夏休み前
    良い女子

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち