端くれ陰陽師と銀枝篇の少女 (外部サイトで読む

長田空真

『呪術が真実に有効であるならばそれは科学である』そう、フレイザーは自らの著作でそう書き記した。
虚妄であった呪術すら、科学の手が伸びた時代。

京都において、科学ならざる、しかして真に有効な呪術を使う者たちが科学の使徒たちに放逐され始めていた。

そのあおりにより若き陰陽師、十城元晴(じゅうじょう もとはる)は陰陽師を続けるために初座市へと移住する。そして、彼は一冊の本と出合う。

それこそが『銀枝篇』。呪術的事例の一大蒐集書としての『金枝篇』の側面を模倣した、あらゆる伝承と術式を治める書物。その化身たる少女との出会いであった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    じゅうじょう
    呪術
    十城元晴
    フレイザー
    端くれ陰陽師
    銀枝篇
    金枝篇
    虚妄
    初座市
    一大蒐集書
    科学
    あおり
    術式
    少女
    化身
    書物
    ざる
    伝承
    著作
    使徒たち

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち