いつも傍に居てくれる君へ (外部サイトで読む

もやしいため

春―――新しい生活が始まる季節。

高校一年生になった皇(すめらぎ) 雫(しずく)は、入学式の日に衝撃的な出逢いを経験する。

長く艶のある黒髪に憂いを帯びた瞳。

周囲すら華やぐように漂う色香を身に纏い、見るものを圧倒する姿。

気高く美しい彼女がそこに存在した―――。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    すめらぎ
    色香
    しずく
    高校一年生
    出逢い
    憂い
    黒髪
    美しい彼女
    入学式
    周囲
    新しい生活
    季節
    姿

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち