おっさん魔王は100年もの連続勤務の後、仕事を辞めてスローライフを送ることにしました (外部サイトで読む

toichi

魔王は叫んでいた。「もう限界! 俺は魔王を辞める」――――と。
連勤勤務日数、100年に達したところで、ついに魔王にも限界がやって来たのだ。

結婚適齢期などとっくに過ぎ、おっさんになった魔王は自由を欲した。
魔王は人間の領土にて生活を送ることに決め、悠々自適な日々を送り始める。
しかし、最強の魔法、スキルなどを使いこなす魔王を周囲は放ってはおかなかった。

静かに暮らしたい魔王 VS そんな魔王様の力を借りたい者たちによるハチャメチャスローライフがはじまる!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    魔王
    ハチャメチャスローライフ
    おっさん魔王
    連勤勤務日数
    結婚適齢期
    限界
    連続勤務
    スキル
    領土
    魔王様
    周囲
    魔法
    最強
    者たち
    人間
    日々
    生活
    ところ
    仕事

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち