斎女神と夜の騎士 ~星の音色が導く神謡~ (外部サイトで読む

細雪さゆき

 広大な北の大地の片隅に、土地神が存在しない集落がある。
 その、神の加護を持たない地――北海道椎斎市は、神がいなくなって以来、現代まで密かに呪術組織“コトワリヤブリ”によって神殺しをした鬼姫“星音”を封じ、悪しきモノを遠ざけてきていた。
 
 “コトワリヤブリ”には“星月夜”それぞれに“斎”と呼ばれる少女がいた。
 なかでも“夜”の斎は土地神に代わり天空の至高神と通じ、ちからを受け取ることができることから“女神”、と呼ばれることもある。

 しかし今、椎斎に“夜”の女神は存在しない。
 そのためこの街では結界が揺らぎ、悪しきモノたちによる不審死や瘴気による自殺、病が増えてしまった。
 そんななか、何も知らない少女、朝庭由為は入学式の朝、駅のホームで人身事故現場に遭遇。誰もが自殺だと口にするその場で、彼女は見てしまったのである。
 ――黒服の少女がホームへ突き落す姿を。
 その人外の悪しきモノを視てしまった彼女を、“夜”の騎士(←高校生物教師、由為の担任)は見逃さなかった。

「あたしが、秘められた神さまの末裔……?」

 空位にある“夜”の斎と神殺しの鬼姫“星音”をめぐる“コトワリヤブリ”たちに巻き込まれた由為。
 鬼姫“星音”を身体に封じ、眠りの呪いと戦いながら生きる“星”の斎、鎮目せのん。
 先代の斎女神に心酔していた実力派の“月”の斎、逆井理破。
 それぞれの事情を抱えた三人の少女たちが“星の音”に導かれ、選んだ未来は……?

 北海道の架空の街が舞台の、現代ラブファンタジー。
 星の音色に導かれ、少女は騎士に跪かれながら女神となる!?

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    コトワリヤブリ
    鬼姫
    土地神
    斎女神
    鎮目せの
    騎士
    少女
    北海道椎斎市
    星月夜
    神謡
    音色
    神殺し
    逆井理破
    空位
    瘴気
    現代ラブファンタジー
    呪術組織
    ホーム
    それぞれ
    星音

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち