悪徳貴族に救われたので悪の道に堕ちます〜武士道とは死ぬ事と見つけたり〜 (外部サイトで読む

佐々木 篠

武士道とは何か。
そのことを悟る前に、赤穂 内蔵助(あこう くらのすけ)は突然迷い込んだ世界で死の淵を彷徨う。
――――こんなところでは死ねない。こんなものは武士道じゃない。
そう生き足掻く彼を救ったのは、沫雪城の城主である白雪 亜梨子(しらゆき ありす)だった。
怪我の治療だけではなく、仕事の斡旋までしてくれた亜梨子に恩義を感じた内蔵助は、彼女のために己の命を捧げる覚悟を決める。
しかし彼女は国民どころか、自分の領民にすら嫌われている悪徳貴族だった。

これは武士道という正義のために悪を貫く、時代遅れな侍のお話。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    武士道
    亜梨子
    内蔵助
    悪徳貴族
    くらのすけ
    しらゆき
    あこう
    沫雪城
    領民
    ありす
    恩義
    白雪
    城主
    斡旋
    赤穂
    彼女
    正義
    怪我
    覚悟

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち