振袖乙女。 (外部サイトで読む

道草家守

時は、西暦1860年代。
全世界で、感染すれば変態へとなり下がる謎の奇病が蔓延し、世界は闇に呑まれようとしていた。
だが、しかし!対変態用に開発されし戦装束「正装」によって、乙女の魅力を戦闘力に変えた乙女たちは、フリルとレースに彩られたロリィタ服を身にまとい、変態どもと可憐に戦ったのであった!!
そうして、フリルの乙女が変態退治をする光景が一般的となった明治の世。
これは、文明開化も声高く、ロリィタワンピースに席巻されつつある島国日本で、かたくなに着物をまとい続けた一人の乙女の物語である!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ロリィタ
    乙女
    フリル
    変態
    文明開化
    ロリィタワンピース
    戦闘力
    奇病
    ロリィタ服
    振袖乙女
    装束
    変態退治
    正装
    変態ども
    島国日本
    西暦1860年代
    対変態用
    明治
    乙女たち
    着物

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち