ポーション売りの少年 〜彼のポーションは実はなんでも治す伝説のエリクサーでした〜 (外部サイトで読む

そらのすらいむ

 ポーション売りの少年、シィルは小さな怪我や風邪に使う普通のポーションを販売していた。

 しかし、実はそれがポーションではなくてどんな怪我、病気も癒す伝説の薬、エリクサーであるということはシィル自身は知らなかった。

 そして、いつもと変わらない毎日を送っていると息苦しそうに歩いてくる貴族の少女と出会う。

 実はその少女は薬師や医師、魔法使いに見てもらっても治せなかった難病を患っていたのだが、気休めに渡したシィルのポーションで完治してしまう。

 それからただのポーション売りだったシィルの生活は知らずに治療した人の影響を受け、少しずつ変化していく――。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    シィル
    ポーション
    エリクサー
    ポーション売り
    シィル自身
    伝説
    怪我
    気休め
    少女
    魔法使い
    少年
    薬師
    難病
    貴族
    医師
    病気
    風邪
    影響
    生活

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち