ネトゲをマクロで俺つえええしたかっただけなんだ......(勘違いギャグ) (外部サイトで読む

うみ

竜二は狩りが主体のネットゲームで一度は有名プレイヤーになりたかった。
腕前も時間も足りなかった彼が取った手段は、キャラクターの自動操作技術――マクロだった。
後に、事情がありマクロキャラ――ぺったんリベールを忌避してしまう竜二と、ゲーム内住人との温度差を描く勘違いコメディ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    竜二
    勘違いギャグ
    マクロキャラ
    有名プレイヤー
    温度差
    自動操作技術
    キャラクター
    腕前
    俺つえ
    主体
    狩り
    ネットゲーム
    手段
    事情
    一度
    リベール
    ゲーム内住人
    勘違いコメディ
    ネトゲ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち