ぼっちで自称リア充な俺は、友達がいません (外部サイトで読む

鵜宮アルト

 ぼっちで自称リア充の悠希が、高校二年生の時に、黒髪ロングで美少女の花宮と同じクラスになり、一緒に学級委員長をすることになる。委員長の二人は、ある部活に入れられる。その名もコミュ部。コミュ部とは、コミュ障を改善する部活。そのほかに、相談・依頼を受ける。そんな中リア充グループに所属している、夏彦から依頼を受けるが、その依頼で、友達のいない悠希の人間関係はめちゃくちゃになる。友達が出来たことのないために、選んでしまった選択。果たして、その選択とは。依頼を受ければたとえどんなやり方でも、解決をしようとする。それが、たとえ自分が傷つくことだとしても。そして悠希は何を思い、誰を選び、どんな答えを出すのか!そして、本物の友達はできるのか。これは、そんな悠希と花宮、そしてコミュ部の物語である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    悠希
    花宮
    自称リア充
    コミュ部
    ぼっち
    依頼
    夏彦
    学級委員長
    コミュ障
    友達
    リア充グループ
    部活
    高校二年生
    選択
    美少女
    やり方
    黒髪
    クラス
    本物
    人間関係

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

なろうで日間最高ランキング6位です。