GeIsTer (外部サイトで読む

にわとり

とある会社の爆発事故によって撒き散らされた殺人ウィルスによって世界の人口が三分の一まで減ってしまうパンデミックが引き起こされる。そのパンデミックが起きた日をアポカリプスデイと呼ばれることとなり、後にその殺人ウィルスをパンドラボックスと名づけられるようになる。
それから十年後……生物兵器対策本部、通称ABTFによって管理され、日本は元の風景に戻りつつもまだずれている日常を作り出していた。
ABTFの管理下にある旧国立第一高校に在学している、【何もかもを失った】新倉英二はひょんなことから白い服を着ているシェリルに出会う。
その彼女と出会うことによって、新倉英二の何もない運命が動き出すとは彼は思ってもいなかった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    パンデミック
    新倉英二
    殺人ウィルス
    通称ABTF
    GeIsTer
    アポカリプスデイ
    パンドラボックス
    シェリル
    生物兵器対策本部
    何もない運命
    何もかも
    三分
    旧国立第一高校
    爆発事故
    人口
    白い服
    管理下
    風景
    日常
    彼女

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち