目にはさやかに見えねども (外部サイトで読む

楪羽 聡

――どこかにいるような、どこにもいないような「あたし」の日常――

町田さやか は、入学式当日に『平穏無事に過ごせるような高校生活』を望み、決意する。
でも新しい友人や個性的な先輩たちに囲まれていると、そういうわけにもいかないのであった。
美晴やマサキたちと知り合い、天文部に入部したり、写真部にも引きずり込まれたりして、個性的な友人や先輩たちと、それなりに楽しい日々を過ごし始める。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    美晴
    先輩たち
    マサキたち
    天文部
    入学式当日
    町田
    新しい友人
    あたし
    高校生活
    楽しい日々
    日常
    写真部

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち