ある戦車兵の追憶 (外部サイトで読む

霧島拓人

天歴1999年12月31日、地上に神が降臨した。8年にも渡った「最終戦争」はこの瞬間、人間同士の戦争から、神と人間の戦争となった。人間はそれに勝利したが、世界は荒廃し、文明は崩壊した。

しかし、そんな中でも尚、希望を捨てなかった一人の少年がいた。彼の想いは、やがて最終戦争の結末に絶望していた者達を一つの事件に巻き込んで行くこととなる。

これは、少年の想いを見た一人の戦車兵が、失われた「心の拠り所」を取り戻そうと奮闘する物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    戦車兵
    最終戦争
    拠り所
    少年
    想い
    追憶
    文明
    結末
    一人
    人間同士
    地上
    天歴1999年12月31日
    物語
    事件
    瞬間
    希望
    一つ
    者達
    世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち