幸せな恋は宝箱と共に (外部サイトで読む

秋澤えで

恋人はいない。でもずっと好きな人がいる。三十路を目前に、なあなあにしてきた画家、榎木津との関係について改めて考え始めた小春。そんなとき後輩からの告白という転機が訪れた。緩やかであいまいな幸せな日常か、現実的で堅実な未来か。
もだもだ系女子の恋の話
【画家】【歳の差】【もだもだ】
芸術家×一般人のもだもだ小説第二弾。(第一弾:私のグリム先生)

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    なあなあ
    画家
    榎木津
    グリム先生
    芸術家
    三十路
    一般人
    小春
    転機
    宝箱
    目前
    告白
    恋人
    後輩
    小説
    未来
    日常
    女子
    関係

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち