発電機によって地下に追いやられた人間たちの話 (外部サイトで読む

月夏

独特の世界観で描かれるディストピアSFサスペンス!!
=========
―― 地上に埋め尽くされた発電機によって、人間は住む場所を変えた

退廃へと時計の針が進む。その時計の針を動かす『発電機』

発電機を動かす『電気師』

人は狭き地上で何を見るのだろう……


―――『電気師』の少女と共に仕事をしていた上司が突如謎の死を遂げる。一人の男の死から、時計の針は加速する。
_________________________________________
更新は気まぐれです。更新が止まっててTwitter(@gekka_999)で遊んでいたら喝を入れといてください

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    発電機
    ディストピアSFサスペンス
    電気師
    時計
    地上
    gekka
    退廃
    世界観
    人間
    gekka_999
    地下
    上司
    少女
    更新
    Twitter
    人間たち
    一人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち