50代から始める英雄志願 (外部サイトで読む

十一屋 翠

年老いた冒険者エルクは、かつて才能に溢れていたが慢心したため、中級冒険者程度の実力のまま引退し、故郷の町へと戻ってきた。
だが、町では親友が英雄となって大成功していた事を知って愕然とする。
エルクは再び冒険者へと戻りダンジョンへ挑み、いかなる奇跡か前人未到の未探査区画を発見してとあるアイテムを手に入れる。
「このアイテムさえあれば俺はやり直せる!」
それは自分の能力を数値化して知る事ができる、ただそれだけのアイテム。
だがそのアイテムによって自分はまだ成長できると知ったエルクは、今度こそ冒険者として大成する事を誓う。
あの時やればよかったことを今からでもやる。おっさんだからこそ生きる道がある。
これは、誘惑に負けず50代からマジメにやり直すオッサンの英雄志願物語である!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    冒険者
    英雄志願
    アイテム
    冒険者エルク
    前人未到
    中級冒険者程度
    ダンジョン
    未探査区画
    オッサン
    おっさん
    誘惑
    それだけ
    故郷
    数値化
    才能
    親友
    実力
    奇跡
    能力

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち