君と、あなたと出会えたのは、あの夜空に輝く花火があったから。 (外部サイトで読む

さかき原枝都は

母親と二人暮らしだった私、蒔野巳美は、あの東日本大震災ですべてを失った。

たった一人の家族だったお母さん。そして本当に私の事を想い見ていてくれた彼氏。あの日起こった津波は私のすべてを洗い流してしまった。

罹災した私は親戚をたらい回しされた挙句、秋田県大仙市へ来た。そこでの私の生活は孤独と言う言葉以外何もなかった。その孤独感は私の心を食い病み次第に震災の恐怖感を呼び起こす。

あの日、花火の日。出会ったあの人は、そんな私の心に陽の梯子をかけてくれた。

杉村将哉、彼は重度の「 PTSD 」 心的外傷後ストレス障害となった私の主治医(補佐)として私の前に現れた。
だがその彼もまた心に大きな傷と悲しみを抱いたままだった。

秋田県大仙市大曲で開催される夏の花火大会。
そこで出会う二つの傷ついた心。

赤く青くそして金色に夜空を輝かせる花火。その色々は瞬(またた)く間に変化していく。
そう私達の心の様に……

人は一人きりでは生きていけない。
人は支えられて、そして人を支えて生きている。

あの震災はもう過去の事になったが、その想いと教訓を忘れないために。

そして一歩を歩むために。

この物語は始まる。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    秋田県大仙市
    杉村将哉
    秋田県大仙市大曲
    花火
    一人きり
    夜空
    蒔野巳美
    彼氏
    孤独感
    恐怖感
    外傷後ストレス障害
    すべて
    主治医
    東日本大震災
    梯子
    補佐
    重度
    PTSD
    悲しみ
    挙句

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち