薄幸令嬢は王子の溺愛に気づかない (外部サイトで読む

影茸

令嬢でありながらも、日々ボロボロの衣服に身を包み朝から晩まで働かされている私、リース・セレストア。だが、幾ら私が働こうと、継母は自分の娘しか見ない。
そんな日々の中、私はこの街に金髪イケメンの王子が訪れることを聞いて、そして決意する。

王子に娶って貰ってこの辛い状況から逃げ出すことを。

だけど、何か金髪のやけにきらきらした男や、自称神獣とかいういたい男などに懐かれて全く思い通りに行かないんですけども!というか、王子様どこ!?

………これはいつの間にか王子の寵愛を受けていながら、そもそも王子に自分が会っていることさえ気づかない逞しすぎる令嬢の物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    王子
    リース・セレストア
    薄幸令嬢
    自称神獣
    金髪イケメン
    継母
    寵愛
    王子様どこ
    衣服
    溺愛
    日々
    いたい男
    辛い状況
    物語
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち