死体蹴りが必要になった社会 (外部サイトで読む

ごんのもの

西暦2050年、とある現象が世界を震撼させた。
死人が二週間以内に蘇る。全ての死人が蘇るわけではなく、そこに規則性は見出せなかった。
蘇った死人には、脳内に強く刻まれていた出来事や思考がほんの僅か残るものの、生前の意識はなく、生者の生命を奪うという本能的欲求のみで動き続ける。
彼らは、"レヴェナント"【還ってきた者たち】と呼ばれた。レヴェナントは喉仏の部分が変異し、仏が十字架のような形に変わり、喉元に浮き出ているのが特徴である。たとえ死体が腐っていても、骨だけになっていても、蘇ったレヴェナントは喉元以外は生前の姿に戻っている。
各国は、対策本部を設置。遺体及びレヴェナントを扱う国家直属の専門官"エンバーマー"が、遺体を二週間監視、残念ながら還ってきてしまった者にはもう一度とどめを刺す、そういった役割を担うことになる。
高校生、久遠 隼人(ひさとお はやと)は、お寺の住職の息子だった。生命は尊ぶべき、死者は決して汚してはいけない。それは人として守るべき道徳だった、それまでは。二度と会えないと思っていた人が還ってくる。だが、そこに再会の喜びはない。
誰かが手を汚さなければならない。だから、隼人は今日も死体に鞭をうつ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    レヴェナント
    ひさとお
    死人
    誰か
    死体
    喉元
    エンバーマー
    隼人
    生前
    専門官
    遺体
    規則性
    生命
    はやと
    生者
    喉仏
    死体蹴り
    国家直属
    久遠
    十字架

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち