屍鬼祓師(しきはらいし)-お友達クラブ-

藍上央理

高校生にしか見えない美貌の青年、一宮晶良(いちのみやあきら)は屍鬼祓師(しきはらいし)という黄泉の鬼・屍鬼を祓うことを生業にしている。(普段は心理的瑕疵物件を祓う拝み屋)
俺こと諏訪陽仁(すわはると)はこいつのマネージャーをしている。要するに相棒だ。

いつもは瑕疵物件の浄化をしているけど、時々不可解な仕事が舞い込んでくる。今回もそんな仕事で、失踪事件の調査をすることになったのだった。

だけど、その失踪事件は謎だらけで……俺達は想像を絶する異様な事件に巻き込まれることになった。

謎の失踪、残された黒い焦げ跡、欲を吸う不気味な人間、お友達クラブという謎の集団。
それらの謎が重なった時、晶良と俺は敵の目的を知ることになる。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    屍鬼祓師
    らいし
    瑕疵物件
    いちのみやあきら
    一宮晶良
    失踪事件
    しき
    お友達クラブ
    すわはると
    俺こと諏訪陽仁
    マネージャー
    黒い焦げ跡
    黄泉
    生業
    美貌
    拝み屋
    謎だらけ
    こいつ
    浄化
    相棒

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。
どんな小説なのか、いろんな情報を見ることができます。

クルミちゃん

面白そうな小説だね!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち