執事オーバーワークス (外部サイトで読む

双葉

寒い冬空の下、爆音と眩い光を灯しながら国道を単車で走り抜ける集団がフェリー乗り場を目指していた。

その集団を率いるのは『天羽翔』
彼はその日で21歳となり、ある事を皆に告げる。

彼はチームである『双葉會』を辞めて、更生への道のりを歩き始める。

その先に待っていたのは……。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    執事オーバーワークス
    フェリー乗り場
    集団
    天羽翔
    双葉會
    寒い冬空
    更生
    単車
    眩い光
    爆音
    道のり
    国道
    チーム
    21歳

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち