妖霊夜行 (外部サイトで読む

二鈴

人や人ならざるモノの残した念が見える少年。
滋岳俊彦は、何時からか手に入れたその力を彼は非常に疎んでいた。
しかし、ふとした事件が切欠によって、彼はより深く、人の業を垣間見ていく内に、荒ぶる妖怪達、霊、もはや神という存在にまで達したモノ、そして畏れと怖れを見つめていく事になる。
その時、彼はこう思った。己に何が出来るのかと。
そして、救えるモノと救えぬモノがあると、彼は初めて知る。
少年が往く現代ファンタジー・そして怪異譚。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    滋岳俊彦
    怪異譚
    現代ファンタジー
    切欠
    荒ぶる妖怪達
    畏れ
    少年
    霊夜行
    怖れ
    何時
    事件
    存在

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち