老人ホームに就職したらロリババアたちのお世話をすることになりました (外部サイトで読む

炉 利紺

高校卒業後、老人ホームに就職した主人公・坂之上楓。

しかしその老人ホームは見た目は少女、歳はババア(常軌を逸した年齢)の吸血鬼やらエルフやら神様やらが入居している老人ホームだった。

子供の相手をしているようなときもあれば、ババアたちが元いた世界に連れていかれたり、長生きしても解決できなかった悩みを解消したりと、楓は忙しく働く。

そんな緩やか? な日常コメディです。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    老人ホーム
    ババア
    坂之上楓
    吸血鬼
    ロリババアたち
    エルフ
    常軌
    日常コメディ
    主人公
    見た目
    高校卒業後
    少女
    お世話
    神様
    年齢
    悩み
    相手
    世界
    子供

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち