ぼくの可愛い破壊神  (外部サイトで読む

海野ハル

 スラム育ちの『ぼく』ことクラウンは、王都の魔法学園に通う落ちこぼれ生徒。
 自分専用の魔法として〈ほっこり優しいキモチになれる〉ケープを織ることができるんだけど、なんだか地味だしもっと派手な力が欲しかったよね。

 ……と思っていたんだけど、ひょんなことから発掘品の石像にケープをかけたら、世界を滅ぼす力を持った破壊神が復活しちゃって!?
 どうやらぼくのケープに込められた〈ほっこり効果〉が、封印されていた彼女に活力を与えてしまったらしくて。
 なんだそれ。ちょっと待ってよ。

 そんなわけでぼくは破壊神(けっこう可愛い)を従えて、世界を救ったりうっかり滅ぼしかけたりするってわけさ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ケープ
    ぼく
    破壊神
    落ちこぼれ生徒
    スラム育ち
    王都
    クラウン
    優しいキモチ
    石像
    魔法学園
    可愛い破壊神
    活力
    発掘品
    世界
    自分専用
    彼女
    効果

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち