異世界召喚おめでとう、早速なんだが死んでくれ。【仮題】 (外部サイトで読む

小林依論

国家の秩序を守ろうとするため、『異世界から勇者を転生させる』ことが当たり前になった時代。次々と『二ホン』という国から勇者が召喚され、飽和状態になっていた。
勇者が沢山いれば秩序が保てるだろう、そう思う人がいるかもしれない。しかしそれは大きな間違いである。実際にしっかりと勇者として働くものは全体の一割ほどしかいないからだ。では他の九割の勇者は何をしているのか。答えは統一して同じ。『勇者特有のチートスキルを駆使して、美女ハーレム作って豪遊生活』だ。ただ、この中の八割は単に怠惰な生活を送っているだけなので特に問題はない。しかし、残り二割は自分の能力を使って悪事を働いているのだ。これを我々は『偽勇者(ぎゆうしゃ)』という。

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

主人公リュート=ブライトウェルとその幼馴染アリス=フィオーナは6歳の時、生まれ故郷であるエミル村と互いの両親、さらにはもう一人の幼馴染アレン=ユークリウスを偽勇者団の奇襲で失う。なんとか生きながらえた2人はこれをきっかけに、異世界召喚された偽勇者たちに復讐をすることを誓った。

そして月日が流れること10年。暗雲立ち込めるこの時代に終止符を打つため、二人の少年少女が立ち上がる!(仲間は増える予定です)

作者の「異世界召喚でまともなやつが来るのって何パーセントなんだろうなぁ」という変な想像から始まった、異世界転生を根底から否定していく異世界ファンタジー!!

最初の方は1000から1500文字に小分けにしたいと思います。(後々まとめます)

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    異世界
    ブライトウェル
    異世界召喚
    フィオーナ
    偽勇者
    ユークリウス
    秩序
    異世界ファンタジー
    パーセント
    生まれ故郷
    主人公リュート
    幼馴染アレン
    異世界転生
    暗雲立ち込めるこの時代
    美女ハーレム
    チートスキル
    幼馴染アリス
    エミル村
    終止符
    小分け

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち