淡い夢の美しさを知っている (外部サイトで読む

聖 聖冬

古くから有るしきたりで、身寄りの無い私は生贄に選ばれた。両親は幼い頃に死に、ずっとひとりで生きてきた。

※本作品はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。( ̄▽ ̄)

※感想を頂けると、作者である聖冬さんが喜びます٩(*❛▽❛)۶・゜:✩ *:゜

※【TwitterなどSNSで拡散してもらえると、更に舞い上がります!!】

どーん!!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    しきたり
    フィクション
    聖冬さん
    身寄り
    本作品
    生贄
    地名
    淡い夢
    古く
    作者
    幼い頃
    ひとり
    両親
    人物
    団体
    Twitter
    感想
    SNS
    関係
    無い私

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

1件

  • user
  • ツギクル 運営
  • 【第2回ツギクル小説大賞 感想キャンペーン】

    タイトルの通り、明るい内容では無いことは想像していましたが、
    「死んだお母さんとお父さん」「鎖」「鉄の手枷」「生贄」…、
    冒頭から暗~い空気がめいっぱい漂っていました。
    そんな中、時折見せる主要キャラクターたちのチャーミングさが、差し色のように際立って映っていました。

    最終章では「え、ここで終了?!」と驚きましたが、それもすぐに納得。
    終わりではなく分岐点で、続きのストーリーが分れているようです。
    分岐先のストーリーは読めていませんが、「美しい編」と「淡い編」、各々に込められている意図の違いが気になりますね。

    この度は第2回ツギクル小説大賞へエントリーいただきありがとうございました。
    今後も創作活動を応援して参ります。
  • 2017年09月22日 13:39

1件

通報をする

読者への感謝の気持ち

http://ncode.syosetu.com/n3574ec/

この第1部が終わり、第2部が始まっています。そちらも宜しくお願いします。

http://ncode.syosetu.com/n3990ee/

http://ncode.syosetu.com/n3988ee/