打倒ローマのやり直し ~ハンニバルは過去に戻り再び立ち上がる~

うみ

ハンニバルはローマに敗れ、毒杯を煽りその生涯を閉じたかに見えた。
しかし彼は目覚める。亡き父の前で。
なんと彼は若い頃の自分の姿になっており、時を遡っていたのだ。

ハンニバルは再びローマへ挑むことを決意し、立ち上がったのだった。

「ローマ! ローマよ! 私は必ずローマを滅ぼす!」

ハンニバルによる打倒ローマへの道が再び始まる……

※この物語は歴史を元にしたフィクションです。史実と異なる創作部分があります。

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品は多くの読者が評価しています。
評価や感想はこのページで付けることができます。

クルミちゃん

クルミはハート3つです!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち